主宰者紹介

高橋恒一 (たかはしこういち)

twitter:  @ktakahashi74

 研究分野

  • 計算システム生物学
  • 脳型計算システム
  • 人工知能駆動型科学
  • ロボティック・バイオロジー

 

 略歴

sha-140603-small

  慶應義塾大学SFC在学中(1996年、当時学部3年生)、冨田勝教授や他の学生とともに細胞シミュレーションの実現を目指すThe E-Cell Projectを立ち上げる。独力で開発を始めた細胞シミュレーションソフトウエアE-Cell System Version 1 (E-Cell 1)は、慶應大学と米国TIGR研究所(現クレイグ=ベンター研究所)との共同プロジェクトに採用され、世界初の仮想全細胞シミュレーションを実現(1999年発表)。2005年から渡米しヒューマンフロンティアサイエンスプログラム(HFSP)フェローとしてThe Molecular Sciences Institute(カリフォルニア州バークレー市)に留学、世界最高性能の正確な粒子反応拡散法eGFRDを開発、分子一つ一つの動きまで再現する精密な細胞シミュレーションを実現(蘭AMOLFと共同)。2008年に帰国し、理化学研究所で研究室を主宰。スーパーコンピューター「京」を用いた大規模細胞シミュレーションプロジェクトなどを主導。
  2012年頃から本格化した第三次AIブームが情報科学だけでなく産業、社会、そして科学研究に広範な影響を与えることにいち早く気付き、2014年から全脳アーキテクチャイニシアティブの立ち上げに参画すると共に経済学者の井上智洋氏と共にAI社会論研究会を設立、また第五の科学であるAI駆動型科学を提唱。生命科学の研究プロセスそのものを自動化し、加速するロボティック・バイオロジーを推進するため、2016年から産総研技術移転ベンチャーロボティック・バイオロジー・インスティチュート株式会社に参加。また、2018年にはエピストラ株式会社を共同創業。

  高校時代はクラシック音楽の作曲家を目指し、音楽美学と作曲法を学んだ。慶應SFCに進学したのは音響合成とコンピュータ音楽を学ぶためだったが、現在のコンピュータ科学では自らが目指す音楽には到達出来ないことに気付く。大学一年時に触れたマトゥラーナとヴァレラのオートポイエーシス理論に衝撃を受け、生命科学を学ぶ事で理想の音楽を実現する事を誓う。好きな作曲家は武満徹とヤニスクセナキス。趣味ではクラブジャズとコンテンポラリー・ジャズを聴く。その他の興味は写真、南の島、温泉、スキー、シガーバー、文明論、思想史、寝ること。秋田県出身。

現職
  • 理化学研究所 生命機能科学研究センター チームリーダー
  • 兼)理化学研究所 未来戦略室
  • 兼)慶應義塾大学 先端生命科学研究所 特任教授
  • 兼)大阪大学大学院 生命機能研究科 招聘教授
  • 兼)全脳アーキティクチャ・イニシアティブ 理事・副代表
  • 兼)株式会社ドワンゴ 人工知能研究所 客員研究員
  • 兼)ロボティック・バイオロジー・インスティチュート株式会社 CIO

その他の職務・活動等

  • 人工知能学会 編集委員
  • Spiber株式会社 顧問
  • 総務省 AIネットワーク社会推進会議 構成員
  • 一般社団法人 研究産業・産業技術振興協会 ロボティック・バイオロジー・コンソーシアム 顧問

学位

2004年 慶応義塾大学大学院 政策・メディア研究科 博士(学術)

職歴

  • 慶応義塾大学助教、講師
  • 科学技術振興機構研究員
  • Human Frontier Science Program Cross-Disciplinary Fellow at The Molecular Sciences Institute
  • 理化学研究所 特別研究員
  • 等。

インタビュー記事等